269126

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
わいわい写真掲示板




“野鳥駆け込み掲示板”は野鳥のレスキュー専用掲示板です
野鳥に関する相談はなんでも気軽に書き込んでくださいね
広告・勧誘・宣伝目的の書き込みだけは固くお断りします
また、アダルトに類する投稿は関係機関へ即刻通報します
この掲示板に相談をすると、一般ボランティアのアドバイザーが左メニューの各コンテンツに誘導し、そこを読んでいただくことになります。ですから、掲示板に書き込んでただ返信を待つのは時間の無駄です。保護された野鳥たちのためには迅速な救急処置と一刻も早く情報を得ることが大事ですから、書き込む前に以下の二つの項目を必ずお読みください
また、悩んで相談をされる方にはきびしいコメントもあるでしょうが、保護野鳥への対応は一刻を争うことばかりです。言葉の表情ではなく、コメントの中身を受け止めてください。言葉の感じ方は人それぞれですが、相談者もアドバイザーも目的はひとつ・・・協力してちいさな命を生かすことです。
鳥獣保護法により許可無く野鳥を捕獲・飼養することはできません。 怪我したり弱った野鳥を見つけたら都道府県に連絡してください。

書き込む前にしていただきたいこと
  1. 左にメニュー・フレームが表示されてない場合→ ここをクリックしてください
  2. すぐに救急処置をしましょう!
    元気なように見えても、暑い時期でも、保温することで多くの命が救われています(日射病や熱射病以外)。すぐに左メニュー赤枠『すぐに救急処置をしよう!』をお読みください。育ち具合がわからない方はレスキュー・トップへどうぞ
  3. 相談の内容に応じて以下のページを慌てずにじっくりお読みください。おおかたの事は解決できますので、その後に疑問点などを相談しましょう

みんなで使う掲示板ですから、以下のルールを守りましょう!

  1. メールアドレスを再確認する
  2. タイトルには野鳥の種類を書き込む
    同種を育てた経験のあるアドバイザーにみつけてもらいやすくなります
  3. 日数がたっていても、返信は前回の投稿文に返信する
    多くの相談が寄せられますので、投稿者名だけでは状況が思い出せません。複数のアドバイザーに状況や成りゆきがすぐにわかるように、前回の投稿枠の返信ボタンを押して返信しましょう。長くなると、キリの良いところでアドバイザーが新スレッドで呼びかけます
  4. 書き込みが多い時期に返信を読む場合は自分の名前で検索しましょう(↓ワード検索過去ログ旧過去ログ
  5. こまめに掲示板をチェックしましょう!
    返信をもらった後にも参考になる返信がつくことがあります。また、相談されたまま返信がないのは気がかりなものですから、必ず相談後の経過や結果も書き込みましょう。緊急でない投稿は『わいわい掲示板↓』へお願いいたします。
  6. いつまでも返信が付かない場合
    この掲示板への投稿には必ず返信を付けるようにしていますが、注意していても書き込みが見落とされてしまうことがあります。時間をやりくりして返信をつけている方が多いので、この点ご了承ください。いつまでたっても返信が付かない投稿は、ご本人またはみつけた方が一言でも書き込んで、スレッドを目立つ場所に上げましょう。
  7. 掲示板に掲載された内容や画像は、今後のレスキューの為の資料として使用させていただくことがありますのでご了承下さい。

資料室→ すずめっ子クラブWikiへ

返信があるまでの間、 掲示板の(ワード検索・過去ログ・旧過去ログ)や、 すずめっ子クラブWiki を使って、 今できることを探してみてください。

掲示板の管理者へ連絡する必要がある場合→ メールフォームへ



[トップに戻る] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [旧過去ログ] [管理用]
1: 保護したツバメについて (15) New!  / 2: つばめ 一人餌ができません (4) New!  / 3: 無題 (6) New!  / 4: 無題 (2) / 5: 猫の爪怪我の放鳥スズメ? (11) / 6: 以前スズメのひなをみつけてお世話になりました。 (1) / 7: シジュウカラの雛 (24) / 8: 先日ヒヨドリのヒナを保護しました-1 (31) / 9: 無題 (0) / 10: 無題 (0) / 11: 無題 (0) / 12: 子ツバメを助けたい (8) / 13: 巣立ち前?のスズメの雛を保護しました (4) / 14: スズメのひなの落巣について (6) / 15: ほぼ成鳥のスズメの放野タイミング (6) / 16: アリが集っていた雀の雛を保護しました (4) / 17: ツバメが涙目で呼吸も荒いです。 (13) / 18: 無題 (1) / 19: すずめの尾羽について (4) / 20: ケガをして飛べない大人のすずめを保護しています。 (8) /




[ 指定コメント (No.11532) の関連スレッドを表示しています。 ]

コシアカツバメの雛の放鳥につい... 投稿者:ちぃ@兵庫 投稿日:2020/07/09(Thu) 14:41:22 No.11532  引用する 

■保護した日時は? 6月22日

■保護した時の詳しい状況 ベランダで羽根もほとんど生えてない雛が3羽落ちているのを発見

■親鳥は近くにいたか?(巣が近くにあったか?) 巣はベランダにあり、中にはまだ雛が残っているので餌を運び続けています。

■応急処置はどのようにしているか?(保温、補液など)こちらのサイトを参考に最初はポカリを薄めたもので様子を見、その後はゆで卵の白身を蜂蜜で練って与えました。

■野鳥の種類、体長、クチバシの色、尾羽の長さは? コシアカツバメ。今は羽根も生え揃い、体長10センチほど。尾羽は4センチ。嘴は白で、端はまだ雛の印であるゴムパッキン状。

■羽がはえ揃っているか?地肌が見えているか?丸裸か? 発見当時は丸裸でしたが現在は羽根も生え揃い、1羽は昨日から短距離の直線飛行が出来る様になりました。

■自分で立つことができるか?飛ぶことができるか? 1羽は飛べますが、もう1羽は飛べません。(左の羽根の生え方がおかしいので成鳥になっても無理かも)

■今はどのような状態か?(元気に鳴いている、ぐったりしているなど) 元気です。

■どのような餌をどのように与えているか?(商品名、給餌の間隔など)7分すり餌にパウダー状にしたボレー粉とネクトンSを加えたもの、栄養改善したミルワーム、そこら辺で捕まえたカゲロウや蛾や蜘蛛などを1日数匹、コオロギ、などを1日2〜3時間おき。

■糞の状態は?(色、大きさ、プルプルしている、水っぽいなど)小さい方の子はプルプルした大き目の糞を、大きい方の子の糞は小さめでその代わり回数は増えた感じ。

■左メニューのどのコーナーを読んだか? 保護する時の注意点、落巣ヒナだったら?の項目すべて、親鳥に返す時の注意点、エサや育て方は?の全項目、野生に戻すためには?などを重点的に読ませていただきました。

■保護している場所にペットは同居しているか? インコを飼っています。

■相談したい問題は?

先月22日に羽根もほとんど生えていないコシアカツバメの雛が3羽、ベランダに落ちているのを見つけました。
1羽は発見直後に亡くなり、2羽も息はしているものの鳴かず動かずで弱っている様子だったのでこちらのサイトを参考に、保温をし、補液を与えて様子を見ていると、翌日には鳴くまでに回復しました。
巣に戻すのは難しかったので、雛の箱を巣の下に置き、ベランダの状況や雛の状態に気をつけながら、親鳥がエサを運びに来ないかと見守ていたのですが、巣の中の雛にはエサを運んでいるのですが、箱の雛のところには全く来ませんでした。
仕方ないので2〜3時間おきにこちらで挿し餌をし、それでもいつ親が来る様になるかもと思い、夜間と挿し餌の時以外はなるべくベランダに出して、親鳥待ちをしていたのですが、結局一度も来ないまま、巣立ちの時期になってしまいました。
巣の中の雛は1羽は巣立った様で、親と一緒に飛んでいます。まだ巣の中からも雛の声が聞こえているのですが、その子が飛び立つのも時間の問題かと思います。

ここで質問なのですが、もし、箱の雛が巣の中の兄弟や親につられて後を追って飛んだ場合、1度も餌を運んで来なかった親鳥が巣立ち後の面倒を見てくれる可能性はあるのでしょうか。
給仕の際に室内に入れて確認したところ、大きい子の方は、床から飛び上がって直線飛行は出来るものの、曲がったり、ホバリングなど高度なテクニックはまだ出来ず、エサもまだ一人では食べられません。

もし親鳥が面倒を見てくれる可能性がある様なら、親兄弟がベランダに来ているうちは、ベランダに出し続けて好きな時に飛んでいける様にしておいた方が良いのかなとも思うのですが、今まで放置して来た雛の面倒を見てくれる可能性が無いのなら、もうヘタに親兄弟と合流させるのは諦めて、ちゃんと飛んで餌も一人で食べられるようになってから放鳥する方が良いのかな、とも思って迷っています。
少しでも生き残れる可能性が高い方を選んであげたいのですが、どうすれば良いのか、アドバイスをお願いします。
(ちなみに、然るべき所にも連絡したのですがやはり回答は『例え親兄弟が戻って来なくなってもそのままベランダで放置するように』でした。野生鳥獣を保護してくれる施設も無いとの事)

追記
親鳥は箱の中の雛の存在には気づいています。
雛たちは、最初の頃は親鳥や巣の兄弟の声に反応して鳴いていましたが、最近は反応しなくなりました。
ただ、頭上を飛んでいく親の姿を目で追ったりする事はあります。
昨日給仕を終えてベランダに出す前に、箱の雛の鳴き声に親鳥が初めて鳴き声を返しました。しばらく鳴きかわしていたので、そのまま親の目の前で網戸を開けて雛の箱を出して見たのですが、やはり近づく事はありませんでした。

長々と分かりづらい文章で恐縮ですが、アドバイスをいただければ幸いです。

Re: コシアカツバメの雛の放鳥に... 投稿者:若葉@東京 投稿日:2020/07/09(Thu) 15:18:23 No.11534  引用する 
ちぃ@兵庫さん こんにちは

ツバメには詳しく無いのですが、どうやら親鳥に見捨てられたヒナの様ですね。
何らかの障害があるヒナは親鳥が巣から落としてしまい、育てない様です。
「渡り」に付いて行けなさそうと親鳥が判断したのだと思います。

環境省が一般人は「野鳥を保護してはいけない」とキャンペーンをしているので
限られた県以外は野鳥は死んでも良いからそのままほっておけ と言われます。

翼に異常のある仔は放鳥は出来ないかも知れません。
飛べる様になっている仔には可能性があります。
このままだと兄弟と一緒に巣立ちするのは難しいと思います。
親鳥が面倒をみないと思います。親鳥に面倒をみてもらわないと生きて行けません。
ちぃ@兵庫さんが引き続き育てて、自由に飛び回れるように
そして、空中を飛んでいる虫を自分で狩りをして食べられる様になるまで育てる事になると思います。

いくつか下のツバメに関するスレッドの中に詳しい方のURLが張られているので
探してみて下さい。
今年のです。
その中に「piko@広島さん」が、ツバメの観察日記のURLを張られているので参考になるので
探してみて下さい。
URLを張るやり方が解らないので申し訳ありません。

Re: コシアカツバメの雛の放鳥に... 投稿者:ちぃ@兵庫 投稿日:2020/07/09(Thu) 16:36:52 No.11536  引用する 
若葉@東京さん

返信ありがとうございます。
やはり親に見捨てられた子なのですね。
サイトの紹介もしていただきありがとうございます。
熟読してもっと沢山勉強して、出来るだけの事はしてあげようと思います。

Re: コシアカツバメの雛の放鳥に... 投稿者:りんご@秋田 投稿日:2020/07/09(Thu) 18:24:08 No.11537  引用する 
こんにちは。若葉@東京さんがご紹介されたものです。
つばめの全国観察ネットワーク
hhttps://www.tsubame-map.jp/top

Re: コシアカツバメの雛の放鳥に... 投稿者:りんご@秋田 投稿日:2020/07/09(Thu) 18:26:29 No.11538  引用する 
また、もうご覧になっているかもしれませんがつばめの飼育日誌というサイトもあるので貼っておきますね。
http://www.swallowtail0731.sakura.ne.jp/

Re: コシアカツバメの雛の放鳥に... 投稿者:ちぃ@兵庫 投稿日:2020/07/09(Thu) 19:52:10 No.11539  引用する 
りんご@秋田さん

返信ありがとうございます。

ツバメを野生に返せるまでに訓練する事はとても大変な事だと思いますし、飛べそうにない子の方の今後の事とか問題は山積みですが、関わってしまった以上やれるだけの事はやってみようと思います。
教えていただいたサイトはまだ一部しか読めていませんが、必ず全部読ませていただきます。
ありがとうございました。

Re: コシアカツバメの雛の放鳥に... 投稿者:若葉@東京 投稿日:2020/07/10(Fri) 14:00:10 No.11545  引用する 
りんご@秋田さん URLを張って下さってありがとうございます。

野生に返せそうもない仔は冬を上手に越させられれば数年長生きが出来ます。
我が家ツバメではありませんが、もうすぐ5歳と13歳の仔がいます。
どちらも野生では生きて行け無い仔達です。

Re: コシアカツバメの雛の放鳥に... 投稿者:ちぃ@兵庫 投稿日:2020/07/10(Fri) 18:45:57 No.11548  引用する 
若葉@東京さん

ツバメも飼育下ではとても長生きするのですね!
今日、いつもインコでお世話になっている鳥の専門医に診て頂きました。
確かに羽根の生え方、形でちょっと気になる部分はあるものの、まだ飛べるようになる可能性はあるとの事だったので、まだ希望は捨てず、大きい方の子と同じ様に餌の捕り方の訓練から初めてみようと思います。
色々教えていただき本当にありがとうございました。

- Joyful Note Antispam Version -