269126

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
わいわい写真掲示板




“野鳥駆け込み掲示板”は野鳥のレスキュー専用掲示板です
野鳥に関する相談はなんでも気軽に書き込んでくださいね
広告・勧誘・宣伝目的の書き込みだけは固くお断りします
また、アダルトに類する投稿は関係機関へ即刻通報します
この掲示板に相談をすると、一般ボランティアのアドバイザーが左メニューの各コンテンツに誘導し、そこを読んでいただくことになります。ですから、掲示板に書き込んでただ返信を待つのは時間の無駄です。保護された野鳥たちのためには迅速な救急処置と一刻も早く情報を得ることが大事ですから、書き込む前に以下の二つの項目を必ずお読みください
また、悩んで相談をされる方にはきびしいコメントもあるでしょうが、保護野鳥への対応は一刻を争うことばかりです。言葉の表情ではなく、コメントの中身を受け止めてください。言葉の感じ方は人それぞれですが、相談者もアドバイザーも目的はひとつ・・・協力してちいさな命を生かすことです。
鳥獣保護法により許可無く野鳥を捕獲・飼養することはできません。 怪我したり弱った野鳥を見つけたら都道府県に連絡してください。

書き込む前にしていただきたいこと
  1. 左にメニュー・フレームが表示されてない場合→ ここをクリックしてください
  2. すぐに救急処置をしましょう!
    元気なように見えても、暑い時期でも、保温することで多くの命が救われています(日射病や熱射病以外)。すぐに左メニュー赤枠『すぐに救急処置をしよう!』をお読みください。育ち具合がわからない方はレスキュー・トップへどうぞ
  3. 相談の内容に応じて以下のページを慌てずにじっくりお読みください。おおかたの事は解決できますので、その後に疑問点などを相談しましょう

みんなで使う掲示板ですから、以下のルールを守りましょう!

  1. メールアドレスを再確認する
  2. タイトルには野鳥の種類を書き込む
    同種を育てた経験のあるアドバイザーにみつけてもらいやすくなります
  3. 日数がたっていても、返信は前回の投稿文に返信する
    多くの相談が寄せられますので、投稿者名だけでは状況が思い出せません。複数のアドバイザーに状況や成りゆきがすぐにわかるように、前回の投稿枠の返信ボタンを押して返信しましょう。長くなると、キリの良いところでアドバイザーが新スレッドで呼びかけます
  4. 書き込みが多い時期に返信を読む場合は自分の名前で検索しましょう(↓ワード検索過去ログ旧過去ログ
  5. こまめに掲示板をチェックしましょう!
    返信をもらった後にも参考になる返信がつくことがあります。また、相談されたまま返信がないのは気がかりなものですから、必ず相談後の経過や結果も書き込みましょう。緊急でない投稿は『わいわい掲示板↓』へお願いいたします。
  6. いつまでも返信が付かない場合
    この掲示板への投稿には必ず返信を付けるようにしていますが、注意していても書き込みが見落とされてしまうことがあります。時間をやりくりして返信をつけている方が多いので、この点ご了承ください。いつまでたっても返信が付かない投稿は、ご本人またはみつけた方が一言でも書き込んで、スレッドを目立つ場所に上げましょう。
  7. 掲示板に掲載された内容や画像は、今後のレスキューの為の資料として使用させていただくことがありますのでご了承下さい。

資料室→ すずめっ子クラブWikiへ

返信があるまでの間、 掲示板の(ワード検索・過去ログ・旧過去ログ)や、 すずめっ子クラブWiki を使って、 今できることを探してみてください。

掲示板の管理者へ連絡する必要がある場合→ メールフォームへ



[トップに戻る] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [旧過去ログ] [管理用]
1: 保護したツバメについて (15) New!  / 2: つばめ 一人餌ができません (4) New!  / 3: 無題 (6) New!  / 4: 無題 (2) / 5: 猫の爪怪我の放鳥スズメ? (11) / 6: 以前スズメのひなをみつけてお世話になりました。 (1) / 7: シジュウカラの雛 (24) / 8: 先日ヒヨドリのヒナを保護しました-1 (31) / 9: 無題 (0) / 10: 無題 (0) / 11: 無題 (0) / 12: 子ツバメを助けたい (8) / 13: 巣立ち前?のスズメの雛を保護しました (4) / 14: スズメのひなの落巣について (6) / 15: ほぼ成鳥のスズメの放野タイミング (6) / 16: アリが集っていた雀の雛を保護しました (4) / 17: ツバメが涙目で呼吸も荒いです。 (13) / 18: 無題 (1) / 19: すずめの尾羽について (4) / 20: ケガをして飛べない大人のすずめを保護しています。 (8) /




[ 指定コメント (No.11409) の関連スレッドを表示しています。 ]

カラスの放鳥について 投稿者:アパート玄関カラス@北海道 投稿日:2020/06/27(Sat) 09:30:31 No.11409  引用する 
初めて相談する方は以下の質問項目にできるだけ詳しくお答えください
この部分を含めて、不必要な部分は消してくださいね
■保護した日時は?
6/23の12時
■保護した時の詳しい状況は?
道路でうずくまっていた。車が来ても全く動かないので、近くの草むらに置いておいた。21時に雨が降ってきたので様子を見に行くとまだいた。交通量が多いので心配で保護してしまった。町の近くなので道路の回りに安全に置ける場所が見当たらなかった。
■親鳥は近くにいたか?(巣が近くにあったか?)
草むらにどけたときに親らしいのが近くに2匹いた。保護したときはもう暗く親鳥も多分いなかった。(帰っていた?)
■応急処置はどのようにしているか?(保温、補液など)
保護した日は動かしてもすぐに目を閉じて寝るので何も与えなかった。とりあえず発泡スチロールの上に置いて暖かくした。次の日はご飯をたくさん食べた。
■野鳥の種類、体長、クチバシの色、尾羽の長さは?
カラス(ハシボソ?)
■羽がはえ揃っているか?地肌が見えているか?丸裸か?
羽ははえそろっている。巣から出たばかりの若鳥のよう。口の中はまだ真っ赤で完全に大人ではない。
■自分で立つことができるか?飛ぶことができるか?
左足を使わずに止まり木に止まったり歩いたりしている。片足でふらついていたりたまにするがわりとバランスはとれている。足に外傷はなく足の左右の大きさも同じ、太ももまでの見えるところまで折れてる様子は無しのようだがわからない。止まり木をおくと、30cmの高さに飛び乗ったり1m先の止まり木に移ったり出来る。うずくまっていた場所から考えると普通に飛べるかもしれない。
■今はどのような状態か?(元気に鳴いている、ぐったりしているなど)
足以外はすごく元気。だがすごく大人しく警戒心は0。だんだんと活発になってきた。
■どのような餌をどのように与えているか?(商品名、給餌の間隔など)
Suger glider food というモモンガのえさ。昆虫成分、カルシウムリンビタミンd3が入っているらしい。他はトウモロコシ、ミルワームを少し。数日の保護のつもりなので家にあるものを食べていただいている。水もふくめ、入れ物にいれておくと勝手に飲食する。
■糞の状態は?(色、大きさ、プルプルしている、水っぽいなど)
糞が道路で見るのより塊が大きい。乾燥餌がめいんだから?
■左メニューのどのコーナーを読んだか?
放鳥の部分を主にほぼ読みました。
■保護している場所にペットが同居しているか?
メダカ位しかいません。
■相談したい問題は?(長くても気にせずくわしく書きましょう)
1.早く親の元に戻したいのですが、元の場所は交通量が多く道路に飛んでいったら危険です。また、昨日放鳥場所を探していたら元いた場所の近くの上空に猛禽類が旋回していました。親鳥に保護してもらうために元の場所に返すのか、遠くの安全そうな場所に返すのがいいのか、ずっと悩んでいるのですが分かりません。
2.警戒心が全くないので(人に飼われていたの?というくらいです。なついたわけではなく最初からです)人間や野生動物に襲われないか心配です。これからカラスとして研ぎ澄まされていくのでしょうか?


Re: カラスの放鳥について 投稿者:アパート玄関カラス@北海道 投稿日:2020/06/27(Sat) 10:05:36 No.11410  引用する 
書き間違い修正します。
初めに見つけたのが12時で保護したのが21時でした。また、近くに巣は無さそうでした。

状況から考えると、襲われたか飛ぶのを失敗して、足を痛めて一時的にうずくまっていたのかもしれません。
もし放っておいたら、次の日にはどうにか親鳥と一緒に飛んでいったのかもしれません。
自分で読みなおして、道路からどけたら放っておくのが正解だったかもと、後悔もします・・・

Re: カラスの放鳥について 投稿者:りんご@秋田 投稿日:2020/06/27(Sat) 10:29:25 No.11411  引用する 
アパート玄関カラス@北海道さんこんにちは。
カラスの雛は警戒心余り無いですよね。
写真を拝見すると、書かれている通りハシボソだと思います。私の周辺では巣立ちの時期がハシボソの方がハシブトよりも早いです。
こちらでは7月中旬位ですので、その雛はかなり早いと思います。

カラスは巣だった後も1ヶ月以上親にくっついて色々と世話をしてもらいつつ外敵や餌の取り方を学び親離れします。簡単にはヒナを諦めないので親に返せる可能性は高いと思います。
早朝等に保護した場所に行くことは可能でしょうか。
親にヒナの存在を見せて(後ろから頭を蹴られないようにしてくださいね。)少しずつ安全と思われる方に誘導してから木の枝等にヒナを置いていただけたら大丈夫ではないでしょうか。

時期が早いので巣落ちではないか少し心配ですが、保護が長期に渡ると親に返せなくなり色々と大変そうです。
短期保護をお考えとのこと、早期に親との接触をはかってみると良いと思います。

ヒナを気にかけていただいてありがとうございました。
上手くいくといいですね。

Re: カラスの放鳥について 投稿者:りんご@秋田 投稿日:2020/06/27(Sat) 18:03:06 No.11416  引用する 
追記です。
カラスは人を通常であれば攻撃することは少ないですが、子供の為に必死で蹴りに来ることがあります。正面からは普通は来ないので帽子などで防げると思います。一度の蹴りで
帽子も落ちてしまうことがあるので(私の経験上)出来れば紐で帽子が落ちないように工夫した方が良いかもしれないです。

Re: カラスの放鳥について 投稿者:アパート玄関カラス@北海道 投稿日:2020/06/27(Sat) 22:12:34 No.11418  引用する 
りんご@秋田さんアドバイスありがとうございます。

カラスの雛は警戒心がないとのこと、良かったです。
保護したカラスが野生不適合カラスじゃなく安心しました。

まだ巣立ちには早い時期なんですね。
日に日に動き回るようになってきているので、どうにかやっていける状態であることを期待したいです。

親にこれから色々生き方を教わるのですね。
私が引き離してしまったので必ず親元に返してあげたいです。早速明日の早朝から元いた場所に連れていってみようと思います。
どうにか親が来る方向を発見してそちらに持っていって安全そうな場所に返したいです。
具体的な、攻撃の防御策もありがとうございます。覚悟して帽子も持参して挑みたいと思います。
ただ今は親に発見してもらい、攻撃されつつも返してあげられる状況を望むばかりです。

親に発見してもらうまで続けるつもりですが、何かありましたらまた書き込みさせていただきます。

Re: カラスの放鳥について 投稿者:りんご@秋田 投稿日:2020/06/27(Sat) 22:57:44 No.11419  引用する 
カラスは縄張りの中で子育てするので、見つけた場所は縄張りか、またはその近くである可能性が高いです。縄張りは一説には400m四方くらいの広さが多いそうです。(街の規模と餌の量により違う。)
ですので、街が静かな早朝にヒナの鳴き声が聞こえたらすっ飛んでくると思います。
放鳥したいとヒナを連れ出しても鳴かないことには親が気づかないこともあるので、他の方からの書き込みで教えてもらったのですが、雛の鳴き声を録音して再生するという方法も一つの手段として考えておいてください。
もしもそこが縄張りの外だとすれば、親の他にそこを縄張りにしているペアも来てしまい、相当騒がしいことになるかもしれません。

もしもそうなったら、親が来た方向をみてそちら方面に移動してから放鳥したほうが安全だと思います。

Re: カラスの放鳥について 投稿者:アパート玄関カラス@北海道 投稿日:2020/06/27(Sat) 23:53:56 No.11420  引用する 
りんご@秋田さん

縄張りについて、ありがとうございます。
色々と予想して準備できそうです。
元いた場所の400mの範囲の木々があるところは限られているので、どこから親が来るか注意したいと思います。

鳴き声ですが、このカラスを連れてくるときに一度、ピーと鳴いただけでそれっきりだんまりなので録音は難しそうです。
他のカラスの縄張り内の可能性もわかりました。実は明日の朝にYouTubeにある子供カラスの鳴き声でも流してみようかと考えていたのですが、関係無いカラスを刺激してしまうかも知れないのでとりあえず止めておきます。
本人が親を呼んでくれるよう頑張ってもらいたいです。

Re: カラスの放鳥について 投稿者:りんご@秋田 投稿日:2020/06/28(Sun) 00:13:54 No.11422  引用する 
雛が先に鳴かなくとも、親が鳴いているかもしれませんよ。その鳴き声にヒナが反応して鳴く可能性もあると思います。

お天気も、そちらはどうなのか心配ですが、上手くいくように願っています。

Re: カラスの放鳥について 投稿者:アパート玄関カラス@北海道 投稿日:2020/06/28(Sun) 08:45:46 No.11425  引用する 
本日は親鳥に会えませんでした。

真上をしばらく旋回するカラスや様子を見に来るカラスはいましたが、親だと確信が持てる鳥は見つからなかったです。
ヒナもたまに何かに反応したような素振りをするも、マイペースに動いており親を感じなかったのかなと思います。
天気は霧雨だったので出てこなかったり見つけずらかったりしたかもしれません。

箱に閉じ込めているときに一度、小さくカーと鳴いたので録音も狙ってみます。
本日は5時から7時半まで待ちましたが、この時間はすでにカラスの活動時間が始まっていたので、明日はもう少し早く開始するつもりです。

Re: カラスの放鳥について 投稿者:りんご@秋田 投稿日:2020/06/28(Sun) 13:33:11 No.11427  引用する 
朝から長時間お疲れさまでした。
保護当初草むらにヒナをどけた時にも襲って来なかったという事は、親鳥は割とおとなしめなのか、警戒心が強い性格なのかもしれないですね。

人が近くに居て警戒していたのでしょうか。ヒナが良くわからなかったのでしょうか。

ペット用の小さなケージや、通院用のカゴバック等の中が見えるような入れ物に入れて隠れて見守ると親であれば寄ってくると思うのですが、今回は残念でしたね。

早めの放鳥が出来ますように願っています。

書き込みありがとうございました。

Re: カラスの放鳥について 投稿者:アパート玄関カラス@北海道 投稿日:2020/06/29(Mon) 08:11:28 No.11430  引用する 
りんご@秋田さんアドバイスありがとうございます

報告します。ヒナは親鳥らしき鳥と飛んでいきました。
分からない点があるので今日の出来事を書いていきます。
本日は日の出の4時スタートで元いた場所に行きました。
アドバイスの鳥かごは無いので、脚立に掴まる場所をつけてヒナに停まらせて遠くから見守る作戦にしました。
遠くにカラスは数羽いるのですが、近くに来るのはいませんでした。
しかし、私がヒナに近づくとかなりの威嚇で近くに来るペアがおり、ヒナを動かすために何回か近づいても威嚇してくるので、親鳥だと確信しました。

その後しばらく遠くから見守っても動きがなく、ヒナが脚立から降りたので、私はお腹が空いたので落ち着かなくなったと思い餌を準備して脚立に戻そうと思いました。
また、ヒナが脚立から降りたタイミングで親鳥も近づいてきました。
ヒナがそわそわしだし道路横の畑に飛んでいきそうだったので急いで駆け寄ると、ヒナは私に掴まるのを避けるように飛び立ちました。
その直後なのですが、親鳥がヒナを攻撃?してきて、ヒナは2回蹴られてふわふわの毛が少し空を舞っていました。そしてヒナと親鳥は近くの林の木の上に消えていきました。
私は親鳥だったと思っていたのがその縄張りの関係ないカラスだったと思い、落ちたのではと急いで木の下に行ってヒナを探したのですが、見つけられませんでした。
あまりにも激しい旅立ちだったのでその時は気持ちが激しく揺らいでいたのですが、だんだん冷静になり親がヒナをしっかり飛ばすためにやったのではないかとも思えてきています。
分からない点というのはこの部分なのですが心配は消えそうにないです。
もしかしたらまた近くでうずくまっているかもしれないので、今日は仕事なのでやめましたが明日から近くをしばらく探そうと思います。

Re: カラスの放鳥について 投稿者:りんご@秋田 投稿日:2020/06/29(Mon) 16:25:40 No.11443  引用する 
アパート玄関カラス@北海道さん、早朝からお疲れさまでした。
雛に近づくと威嚇してきたという事は、お考えのように親鳥の可能性があると思います。

雛に攻撃の様な行動をとったのはどうしてなのかわかりませんが、アパート玄関カラス@北海道さんが駆け寄った際に親鳥も興奮状態で、もっと雛を遠くに飛ばそうとしたのかもしれないですね。そうであってほしいです。

その後に、鳥同士が喧嘩しているようなバタバタとした羽音が聞こえたり、鳴き声がしなかったのなら大丈夫なのではと思います。

多くの場合放鳥後の様子を確認するのが難しいので、ご心配なお気持ちがよくわかります。
数日とはいえあどけない雛の様子を間近で見ていると愛着がわかないわけがないと思います。感情豊かでカラスは面白い鳥ですよね。
きっと親鳥と合流したと思います。その時に上手くいかなくてもカラスは日中何度も鳴いているので、声を聴いてそちらの方に行くこともあると思います。

数日はこころ落ち着かない日々でしょうが、今日はゆっくり休んでくださいね。
お疲れさまでした。
また、書き込みありがとうございました。

お礼 投稿者:アパート玄関カラス@北海道 投稿日:2020/07/02(Thu) 13:10:51 No.11490  引用する 
やはり思い出すと親鳥で間違いなかったと思います。
ヒナに近づくと必死にガアガア鳴いてくるのでかなりの恐怖でした。

おっしゃるおとり、私がヒナに駆け寄ったことで親鳥をかなりの興奮状態にしてしまったのかもしれません。
なんで見守り続けられなかったのか後悔しかありません。

ヒナと親が飛んでいった林に私が着いたときにはカラスの鳴き声も気配もなかったです。一緒に飛んでいったと思いたいです。

昨日と今日はその林でヒナが動けなくなっているのではと思い、林の最後に見た場所の近くを何時間も探していました。何も見つかりませんが、少し気持ちに整理がついたのでそろそろ辞めようと思います。

ヒナを想うとたくさんの反省が出てきます。もっと良いものを食べさせれば良かった、、、羽ばたきの練習もっとしてあげればよかった、、、病院に連れていけばよかった、、、1日も早く親元に返そうと焦ってしまったがタイミングを相談すればよかった、、、。こんなことを書いても仕方がないですよね。
これからはヒナの無事とこれからの幸せを願いたいとおもいます。

カラスは人の迷惑になったり他の鳥の雛の捕食者だったりするので嫌われがちですが、温もりや愛らしさを知った私は一生カラスを応援していくのだと思います。

りんご@秋田さん
親身に丁寧にアドバイスいただきありがとうございました。
初めは一人で調べて悩んで途方にくれていたのですが、アドバイスのおかげで私だけではできない良い対応ができました。
この掲示板に相談してよかったです。
本当にありがとうございました。

Re: お礼 投稿者:若葉@東京 投稿日:2020/07/02(Thu) 14:20:39 No.11492  引用する 
アパート玄関カラス@北海道さん こんにちは

ヒナ鳥を気に掛けて下さりありがとうございます。
親鳥と合流出来たと思います。

ことりの病院で一番多い野鳥の患者はスズメですが
2番目に多いのは、なんとカラスなんですよ。
結構カラスが好きな人がいます。
他の小鳥を捕食したりで嫌われ者なので、カラスの患者は病院が終わる頃に
コソッと来られますが、野鳥を連れて来る人達の間では人気があります。
私も賢いカラスが大好きです。

また、困っている野鳥がいたら助けてあげて下さいね。

Re: お礼 投稿者:りんご@秋田 投稿日:2020/07/02(Thu) 17:39:04 No.11493  引用する 
アパート玄関カラス@北海道さんこんばんは。

放鳥は、どんなに気を付けてもこれで満足、という風にはならず色々と悔やむことがある事が多いと思います。
ベストを尽くしていただいたと思います。

若葉@東京さんのエピソード、興味深く拝見しました。
そういう事があるのですね。
研究者である、松原始さんのカラスに関する本が色々あるのでお勧めしたいです。「カラスの教科書」
「カラスの補習授業」等々。

本当にお疲れ様でした。
また、ありがとうございました。

Re: お礼 投稿者:アパート玄関カラス@北海道 投稿日:2020/07/03(Fri) 19:01:27 No.11497  引用する 
若葉@東京さん

そういえば、初めて書き込みをした後に過去ログでカラスを検索したところヒットするのが、「カラスに襲われないか心配〜〜」、「近くにカラスがいて〜〜」等ばかりで少し気まずさを感じたのを思い出しました(笑)。

弱っているカラスがいたら助ける人は結構いるんですね。
なんだか安心しました。ありがとうございました。


りんご@秋田さん

私にとっては出来ることがやれたと思いたいです。とても励みになります。ありがとうございます。

今はカラスがいたら何をしてるのかなと、つい見てしまいます。今回の件からカラスにとても興味が湧いています。
ご紹介いただいた本は是非読んでみますね。
ありがとうございました。

- Joyful Note Antispam Version -